小さい頃、画家になりたいと思ったが、世の中甘くはない。でも時間に余裕ができたら気ままに絵を描こうと決めて、50年たってやっと水彩画教室に通い始めた。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
揖斐川と長良川が合流するあたりの流れは微妙な川面、その近くの船溜りの夕暮れはオレンジ色に染まる。
スポンサーサイト
2015.10.02 / Top↑
水彩教室の海外スケッチ旅行はフィンランド。こちらは参加する時間もなく、写真と話から描いてみたが細部がよく分からない。やっぱり行かなくちゃ!

2015.09.23 / Top↑
以前、描いたF6を20号で描き直し、日本水彩展名古屋に出品

2015.09.19 / Top↑
朝方、自転車で走行中、長良川河口で朝陽に浴びたコンビナートが印象的であった。

2015.09.18 / Top↑
毎年、50Km程少しずつお伊勢さんまで走ってますが、あと1、2回でゴール。途中、伊勢路に立っていた古い民家?を描いてみた。
2015.09.16 / Top↑
もう一度描き直してみた

2015.09.13 / Top↑
紫陽花の間から朝陽が射して逆光の場面を描いてみた。
2015.09.13 / Top↑
どこにでもある用水路、しかし、朝の陽を浴びた橋と川面に映る青い空、橋の裏側、遠くの三川タワーは絵になると感じた。これを20号にして描いてみよう。
輪中水路の朝
2015.07.24 / Top↑
初夏の木曽川は、日の出の頃には何艘もの漁船がエンジンを噴かせ、シジミ獲りに勤しんでいる。月に2、3回か、雲間の日の出に巡り合う事があり、何とも清々しい気持になる。
木曽川日の出
2015.06.15 / Top↑
自分の目で見た船溜まり、そのまま描くのではなく、その時に感じた絵を描く。表現は難しい。
木曽川夕焼け
2015.06.11 / Top↑
水彩の対象を求めて、よく欧州への写生旅行が企画されている。この目で観たのではないので、描いた絵に心がこもるのかどうか、判る人には判るのだろうか。
風車
2015.06.11 / Top↑
記念すべき100作目!
愛知には明智という名の知れた所があります。良い季節には人が沢山訪れます。どうといった事のない一こまです。
明智
2015.06.08 / Top↑
若い頃、訪れた場所ですがすっかり変わってしまたようだ、これは遊びに行った人の写真を借りて
森林公園
2015.06.08 / Top↑
枝垂れ桜の美しい弘前城下、夜景は更に幻想的
弘前城桜夜景
2015.06.05 / Top↑
この桜を観に、4月にロードバイク仲間と往復170Km。温室育ちのソメイヨシノに比べ、野武士のような山桜、感激した!
薄墨桜
2015.06.03 / Top↑
桜吹雪が桜並木の道に降り、まっこと美しく、道すれすれに視線を落とすとこんな感じになります。
桜のトンネル
2015.06.03 / Top↑
晩秋のトレッキング。杉林からちょっと先が見えるところで出会う場面を描いてみました。トレッキング(第95作)
2014.09.22 / Top↑
少し早めですが、紅葉を描きました。
逆行の光と紅葉が綺麗な小径です。

紅葉(第94作)
2014.09.17 / Top↑
通りすがりの宮殿を観ていたら、近衛兵なのか小集団が目に留まったマドリード
2014.08.01 / Top↑
トレドの繁華街、歴史を感じる。
IMG_3630 のコピー
2014.07.17 / Top↑
いよいよスペイン旅行は大詰め、トレドの町はとても居心地が良かった。
IMG_3632 のコピー
2014.07.02 / Top↑
ここから絶景!しかし遠景とくに谷が難しい
ロンダ
2014.06.28 / Top↑
こうした逆光のシーンがいたる場所で印象に残った。
IMG_3626 のコピー
2014.06.22 / Top↑
とても気持の良い広場
IMG_3627 のコピー
2014.06.18 / Top↑
近づいて風車に圧倒される風車(コンスエグラ)2
2014.06.15 / Top↑
風車はいろんな所にいくつもの種類があるが、マドリード近くにあるラマンチャ地方のコンスエグラはドンキホーテが巨人と間違って戦った風車風車(コンスエグラ)
2014.03.11 / Top↑
当地グラダナでの夕食はフラメンコとセット。床を思いっきり叩くステッップが、感動のフラメンコでした
フラメンコ(グラダナ)
2014.02.28 / Top↑
夜のアルハンブラ宮殿 ライトアップされていて とても綺麗。さて次はフラメンコ観ながら夕食
アルファンブラ宮殿
2014.02.23 / Top↑
次の訪問地はグラダナ、あの有名なアルファンブラ宮殿、凄〜い、歩きつつ実感が湧いてくる。歴史をひもとくと改めて凄凄〜いい〜!アルファンブラ宮殿(昼)
2014.02.18 / Top↑
巨大すぎて遠くからしか全体が観られない。近くで観ると実に細かな宗教物語が彫り込んである
グラダナファミリア
2014.02.14 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。